Top > VMware Server

VMware Server

VMware Serverのダウンロード

VMware Server(無償)は、ヴイエムウェア株式会社のサイトからダウンロードできる。

VMware Serverのダウンロードはこちらから

ただし、アプリケーションのインストールには無償のシリアル番号を登録する必要がある。同サイトにてユーザー登録をすることでメールにてシリアル番号が届く。

VMware Serverのインストール

1. ダウンロードした[VMware Sever]のインストールファイルをダブルクリック。

VM001.PNG

2. VMware Serverのインストールが開始される。

VM002.PNG

3. [Next]を押す

VM003.PNG

4. ライセンスに同意して[Next]を押す。

VM004.PNG

5. ここはとりあえずCompleteを選択して[Next]を押す。

VM005.PNG

6. よくわからないけど、IIS関係の警告メッセージが出力されるので[OK]を押す。

VM006.PNG

7. VMware Serverのインストールフォルダを指定して[Next]を押す。

VM007.PNG

8. CD-ROMドライブのオートランの解除指定をして[Next]を押す。

VM008.PNG

9. [Install]を押してインストールが開始される。

VM009.PNG

10. 適当なユーザー名とVMwarenのアカウント登録(無料)によってメールで受け取ったシリアル番号を入力して[Enter]を押す。

VM010.PNG

11. インストール完了!

VM011.PNG

ゲストOSのインストール

1. デスクトップの[VMware Server Console]をダブルクリックで起動する。

VM012.PNG

2. 自分のPCにインストールしたので、Local host指定して[OK]ボタンを押す。

VM013.PNG

3. VMware Serverのメイン画面が起動するので、Homeの[New Virtual Machine]を選択する。

VM014.PNG

4. バーチャルマシンのインストールウィザードが起動する。

VM015.PNG

5. Typicalを選択して[次へ]を押す。

VM016.PNG

6. 今回はLinuxのFedora9をインストールするので、Linux - Red Hat Linuxを指定して[次へ]を押す。

VM017.PNG

7. バーチャルマシンの名前(任意)をファイルの作成先フォルダを指定して[次へ]を押す。

VM018.PNG

8. ネットワークの設定はよくわからないので、デフォルトのまま[次へ]を押す。

VM019.PNG

9. バーチャルマシン用に確保するディスク領域を[完了]を押す。

VM020.PNG

10. これでゲストOS用の領域が設定されたので、あとは[Start this Virtual Machine]を選択してOSのインストールを開始する。

VM021.PNG

添付ファイル: fileVM021.PNG 285件 [詳細] fileVM020.PNG 328件 [詳細] fileVM019.PNG 325件 [詳細] fileVM018.PNG 291件 [詳細] fileVM017.PNG 284件 [詳細] fileVM016.PNG 323件 [詳細] fileVM015.PNG 319件 [詳細] fileVM014.PNG 323件 [詳細] fileVM013.PNG 325件 [詳細] fileVM012.PNG 310件 [詳細] fileVM011.PNG 333件 [詳細] fileVM010.PNG 318件 [詳細] fileVM009.PNG 366件 [詳細] fileVM008.PNG 323件 [詳細] fileVM007.PNG 311件 [詳細] fileVM006.PNG 316件 [詳細] fileVM005.PNG 350件 [詳細] fileVM004.PNG 330件 [詳細] fileVM003.PNG 387件 [詳細] fileVM002.PNG 335件 [詳細] fileVM001.PNG 356件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-15 (日) 23:19:52 (3833d)