Top > JavaScript

JavaScriptに関するメモ

JavaScriptに関することを徐々に徐々にまとめていく。

javaScriptとは?

JavaScriptとは、HTMLに組み込んでつかうスクリプト言語のこと。WEBアプリケーションは主にサーバーでプログラム処理を行うが、JavaScriptはブラウザ側で処理を行う。フォームの入力値チェックなどをブラウザ側で処理を分担して行う場合に使用する。

ブラウザ側で処理を行うため、ブラウザの違いによって動きが異なる場合があるので注意が必要。

JavaScriptの組み込み

HTMLには、<SCRIPT>タグを使用して組み込む。間違ってスクリプトがそのまま画面に表示されないよう、<!-- と --> で囲んで使用するのが一般的。最近では省略しても問題にならない場合が多いらしい。

<SCRIPT type="text/javascript"><!--
//--></SCRIPT>

関数の宣言

関数は以下のフォーマットで記述する。JavaScriptではウェブページで定義するメソッドを関数(function)とよぶ。

function [関数名] ([引数1]、[引数2]) {
  処理
}

ドキュメントオブジェクト

フォーム内のテキストボックスにアクセスする場合は以下の書式になる。

document.[フォーム名].[要素名].value

alert()

ダイアログボックスにメッセージを表示するためのJavaScriptのメソッド。

変数

変数の宣言は以下のとおり

var x;

JavaScriptの場合は変数に型という概念がない*1。xには数値、文字列、オブジェクトなどなんでも代入することができる。変数を関数の中で宣言した場合はローカル変数となり、その関数の中でのみ参照可能となるが、関数の外で宣言するとグローバル変数となり、そのページ全体で変数が有効となる。このあたりは他の言語と同じ考え方なので言うまでもない。

文字列の連結

var x = "1";
var y = "2";
alert(x+y);

結果

12

文字列から数値への変換

var x = "1";
var y = "2";
alert(Number(x)+Number(y));

結果

3

文字列からIntへの変換

var x = "1";
var y = "2";
alert(parseInt(x)+parseInt(y));

結果

3

数値から文字列への変換

var x = 1;
var y = 2;
alert(String(x)+String(y));

結果

12

指定した位置の文字を返す charAtメソッド

※先頭は0

str="大三元";
c=str.charAt(0);

結果

c=大

指定した位置のUNICODEを返す charCodeAtメソッド

※先頭は0

str="0123456789 ";
c=str.charCodeAt(0);

結果

c=48

UNICODEから文字列への変換 fromCharCodeメソッド

a=String.fromCharCode(48,49,50,51,52,53);

結果

a=012345

指定したパターンの最初の位置を取得 indexOfメソッド

第一引数が文字列パターン、第二引数の数値は、指定したその位置以降の文字列に対してパターンのチェックを行う。パターンが見つからなければ-1が返る。
※先頭が0

str="http://localhost:8080/GOLF/Login/LoginForm.jsp";
x=str.indexOf("/",7)

結果

x=20

指定したパターンの最後の位置を取得 lastIndexOfメソッド

第一引数が文字列パターン、第二引数の数値は、指定したその位置以降の文字列に対してパターンのチェックを行う。パターンが見つからなければ-1が返る。
※先頭が0

str="http://localhost:8080/GOLF/Login/LoginForm.jsp";
x=str.lastIndexOf("/",7)

結果

x=32

パターンマッチ matchメソッド

文字列の中から正規表現で指定したパターンを探しだし、一致したものを配列で返す。

str="睦月如月水無月";
a=str.match(/.月/g);

結果

a[0]=睦月
a[1]=如月
a[2]=水無月

文字列の置換 replaceメソッド

文字列の中から正規表現で指定したパターンを探し、一致したものを指定した文字列に置換する。マッチしたすべの置換を行う場合はフラグgをつける。

str="月曜水曜金曜";
a=str.replace(/曜/g,"曜日");

結果

a=月曜日水曜日金曜日

文字列検索 searchメソッド

文字列の中から正規表現で指定したパターンを探し、最初に一致した位置を返す。大文字込み字を区別したくない場合はフラグiをつける。※先頭が0

str="ProDust-net";
n=str.search(/dust/i);

結果

n=3

文字列の切り出し substringメソッド

文字列を位置を指定して切り出す。第一引数が開始位置で第二引数が終了位置となる。

str="立直三色平和ドラ1あ〜1本足りねぇ〜";
c=str.substring(4,6);

結果

c=平和

小文字変換 toLowerCaseメソッド

文字列の中のアルファベットをすべて小文字に変換する。

str="ProDust-Net";
c=str.toLowerCase();

結果

c=produst-net

大文字変換 toUpperCaseメソッド

文字列の中のアルファベットをすべて大文字に変換する。

str="ProDust-Net";
c=str.toUpperCase();

結果

c=PRODUST-NET

区切り文字による文字列の分割 splitメソッド

指定した区切り文字*2で分割して配列に代入して返す。

str="今、雪が、深々と、降っています";
c=str.split("、");

結果

c[0]=今
c[1]=雪が
c[2]=深々と
c[3]=降っています

*1 データには型がある
*2 デリミッターでよかったっけ?

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-03 (日) 00:05:10 (4001d)