Top > Javaとは?

Javaとは?

Javaは、1995年に発表されたプログラム言語です。

依存性が小さい

Javaはコンピューターの機種に対する依存性が小さい言語です。このことはあるコンピューターで開発したプログラムが他のコンピューターでも動作することを意味します。

なぜ依存性が小さい?

Javaで開発されたプログラムは、Java仮想マシン(Java Virtual Machine)上で実行されます。このJVMによって、プラットフォームに依存しないということが実現されています。

  1. Javaコンパイラでソースコードを中間言語(バイトコード)に変換
  2. バイトコードをJVM上で実行
  3. JVMがネイティブな機械語コードに変換

オブジェクト指向言語

Javaはオブジェクト指向という手法に沿った言語のひとつです。ハードウェアは多くの部品で構成されています。これと同じように、Javaはプログラム全体がオブジェクトというさまざまな部品によって構成されているため、プログラムの保守・管理が容易になります。

インターネットとの親和性

インターネットを使用する上で動画などを入れたWebページを作成することができます。また、利用するコンピューターを意識せずプログラムを作成できます。

実践

Java TOPに戻る


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-17 (木) 22:18:20 (4292d)