Top > オープンソース

オープンソース

オープンソースとはなにか?

オープンソースとは読んで字のごとくソースコードを公開することであるが、
その言葉のもつ概念は結構深い。オープンソースとは無料で手に入る
アプリケーションのことであると勘違いしている人も多いと思う。(実際自分も最初はそんなイメージでした)

個人的な視点でオープンソースを定義すると以下のようになる。

  • コミュニティ化 知識やアイデアの共有
  • インターネットによる開発
  • ソースコードの公開
  • 特殊なライセンス
  • 無料

オープンソースプロジェクトの例

GNUプロジェクト

FreeBSD

Linux

PostgreSQL

MySQL

PHP

Mozzila

PGP

Apache

Eclipse

Globus

JBoss

OpenSOAP

FreeWnn

ライセンスについて

オープンソースのライセンス体系は、その団体やソフトウェアによって異なると考えてよい。また、オープンソースはインターネットで活動が行われるため、ライセンスも国際的に意味のあるものである必要がある。

  • ソフトウェアを自由に使うことができる
  • ソフトウェアのソースコードを入手できる
  • ソフトウェアを修正したり改変したりできる

私が読んだ本に書かれていたのは上記の内容であるが、GPLライセンスのソースコードに企業独自の技術やテクニックを駆使した新しいコードを作成した場合に、やはりGPLで公開する必要がある。じゃぁオープンソースを商用利用しようとしても企業秘密を盛り込んだ新しいコードを公開しなければならなくなる?そのあたりはLGPLというライセンスを上手に利用することで非公開のコードとセットで公開する選択肢があるようだ。具体的にはオープンソースのライブラリを『静的リンクしない』ということのようだ。Freedomって考え方は難しい・・・ (..;

オープンソースをビジネスにする

企業でオープンソースをビジネスにしていくには人材と時間の投資が必要だ。公共の施設(オープンソース)に投資することで、その施設が完成した際には優位に利用することができるからだ。でもそれって難しくないっ?!強い企業に対抗していくにはどうしたらよいのだろう???

結局のところオープンソースを開発ツールの1つとして考えていくってことになるんだろうか


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-26 (水) 23:48:22 (4005d)